手軽に管理できる!DVDやUSBに保存

アナログの写真もDVDに保存OK

アナログの写真でも、スキャナがあればデジタルデータに変換OKです。アナログの写真は経年劣化に弱く、大切に保管していても色褪せや虫食いなどは避けられません。スキャナで大事な家族写真や思い出の一枚をデジタルデータに変換しておけば安心安全です。パソコンのHDDやSSDに一旦保管した後、DVDへ最終的に保存すれば、さらに安心感が増します。万が一パソコンが壊れてもDVDに保存しておけば大丈夫です。

画像ファイルになった写真は、ライティングソフトを使う事で市販されているDVDに移動と保管が可能です。DVDは数あるメディアの中でも、いわゆる製品寿命が非常に長くなっています。DVDは費用対効果が良く、まとめ売りされている物を選ぶ事で、さらに格安の単価になります。

USBは手軽に使えるメディアです

USBは非常にポピュラーなメディアになりました。家電量販店やネット通販サイトで、コストパフォーマンスの良い価格帯で並んでおり、入手も簡単です。ユーザーの都合に合わせて製品のデザインや容量を細かく選べるのも、USB特有の利点です。仕事関連の写真データは大容量の安全性が高い国産大手メーカーのUSBに、趣味で撮影した写真は安価な海外製のUSBに保存する等、柔軟に使えます。

スマホやタブレット、そしてデジタルカメラで撮影した写真は最初からデジタルデータですので、基本的にそのままUSBへ移せます。USBの挿入スロットがあるスマホやタブレットなら直接製品同士を結び付けて、データの移動が可能です。直接結びつけるのが無理な場合は、一旦スマホやデジタルカメラのデータをパソコンに移動させます。その後、パソコンからUSBに移動させればOKです。